健康について考える

1.4.2016 | 12:19

最近は日頃の生活習慣が発症や進行に関係する生活習慣病になる方が増えています。偏った食生活により、肥満症や高血圧症になったり、それによりさらに脳梗塞や心筋梗塞を発症する恐れもあります。そうならないためには日頃の生活習慣の見直しが必要です。健康県ちば宣言プロジェクトでは自分で決めた健康に関する宣言をすることで、今までの生活習慣を見直すと共にもっと健康に関心を持つようになります。

また、健康県ちば宣言プロジェクトではそれ以外にも健康に関する情報の発信もしています。例えば、急に具合が悪くなった場合、かかりつけ医がいないとどこで診てもらえばいいのかわからない場合があります。そんな時には健康県ちば宣言プロジェクトのサイト内にある医療ナビで必要な医療機関を簡単に検索できます。場所からも症状からも検索ができるので、今まで使ったことのない方でも簡単にお近くの症状にあった医療機関を探せます。また、この機会にかかりつけ医を見つけたい方もこのサイトから検索することができます。それ以外にもちばバリアフリーマップからは障害を持った方でも気軽に行ける県内の施設検索ができます。障害がある方にとっては外出先のバリアフリー設備はとても重要です。せっかく行ってみても充分な施設でないと、楽しめない場合もあります。しかし、このサイトなら事前に施設を調べることができるので安心して遊びに行くことができます。また、福祉の森というサイトからは県内の福祉情報を発信していますし、相談口もあるので気になることを相談できます。

このように健康県ちば宣言プロジェクトでは医療・福祉などに関する情報をリアルタイムで発信しているので、いつでも最新の情報を検索することができます。また、検索の仕方もワンパターンではないので必要に応じた機関、施設を探しやすくなっています。そして、様々な方の宣言も見ることができます。このように誰もが利用しやすくすることにより、健康への関心を促しています。

Comments are closed