April 2016

プロジェクトロゴマークについて

1.4.2016 | 12:20 | Read article

千葉県は平成20年2月から“日本一の健康県”と評価され、“健康県ちば宣言プロジェクト”がスタートし、“健康ちば宣言”に関する宣言文も発表しました。千葉県は特に県民の健康増進、疾病予防、心身機能低下の防止と身体運動、栄養・食生活、飲酒、喫煙、及び歯・口腔の健康に関する生活習慣の方面に工夫しています。千葉県は今後も県民の生活習慣の改善、健康寿命の延伸を目指して、以下のような施策を展開します。 A、 県民の栄養・食生活の方面に果物や野菜の摂取不足、塩分の過剰摂取は課題になります。ですから、食生活改善ための人材育成や栄養成分表示等重要な対策になります。 B、 日常生活の中で、県民の運動生活の促進と県民運動量を増やす方法の紹介を行います。 C、 疲労回復やストレス解消ために、十分で質の高い睡眠の確保について県民に情報発信します。 D、 未成年者の飲酒低減管理を行います。 E、 喫煙や受動喫煙の被害について、県民に宣伝します。受動喫煙防止対策を行います。 F、 人生の一生にわたる歯・口腔の健康づくりに関する事業・研究調査を実施します。 G、 学校教育、家庭、企業、地域などと連携し、子供の健康な生活習慣を培養します。 “健康県ちば宣言プロジェクト”がスタートしてから、平成21年11月に健康県ちば宣伝プロジェクト推進協議会は成立しました。形成24年12月まで75の企業・団体が健康ちば宣伝プロジェクト推進協議会に加入しました。“健康宣伝”は6歳~96歳にわたる非常に年齢層を応募します。 健康県ちば宣言プロジェクトのプロジェクトロゴマークについて、DCキャンペーンロゴマーク、認証マークなどシンポルなロゴマークの設計の方面に工夫し、主要にちば食文化、食への感謝、農業への理解などの意味を表します。千葉県は新しい時代を迎え、健康ちばを実現するために、医療、健康づくり、福祉、大学、研究機関などとともに、全力で取り込んでいます。その後、県民一人一人の生涯にわたる健康づくりを実現するために、健康県ちば宣言プロジェクトの推進だけではなく、健康ちば21の推進、食から始まる健康づくりの推進、8020運動の推進なども工夫しています。