カーブス市川真間

1.4.2016 | 12:03

カーブス市川真間は、1992年にアメリカで生まれたサーキットトレーニング・ジムで、女性専用で運営をしています。
女性が仕事や子育て、家事の合間に出来るだけ手軽にトレーニングが出来るように工夫されているプログラムが魅力のジムです。

こう言ったプログラムで運営をしているジムなので、健康県ちば宣言プロジェクトの推進には直接かかわりがある応援内容を行えるのが特徴です。

世界中でもカーブスは多くの拠点を持っているため、多数の会員がトレーニングを楽しんでいます。
具体的に、千葉県でカーブス市川真間が行っている応援内容は、勤務時間外で健康体操教室を開催していることです。
健康づくりのための体操教室では、女性の会員ならではの悩みもあり、コミュニケーションを通じて様々な情報交換が行われています。
そして、健康づくりに役立つ啓蒙活動も積極的に行っています。
健康県ちば宣言プロジェクトとタイアップした応援内容としては、団体や企業の情報などで有益な広告物の提示も率先して行ったり、店舗の一部を健康のために貸し出すことも行っています。

その他、メタボリックシンドロームの悩みを解決するための体操教室、足腰が弱ってくることによる転倒を防止する予防体操、筋肉をつけるための健康体操教室の開催を行っています。

こちらの企業は、トレーニングジムならではのスキルを活かして、健康県ちば宣言プロジェクトのサポートを積極的に行っているのが特徴です。
女性にとって、すぐに役立てる体操を指導することで実践もしやすいのが魅力で会員の多くが継続して参加を続けています。

Comments are closed