公益財団法人ちば県民保健予防財団

1.4.2016 | 11:38

健康県ちば宣言プロジェクトは、企業、団体のみならず、学校など様々な場所での地域貢献や健康づくりの取り組みが有益であると考えられています。そして、その中の一つに公益財団法人ちば県民保健予防財団があります。
この団体は、結核、がん、生活習慣病及び感染症等の予防に関する様々な知識の普及や県民の健康づくりに対する意識の啓発を目指しています。
また、保健予防のための様々な施策を行い、県民の健康と福祉の向上に寄与することを目的としています。

応援内容は、このように保健予防財団という性質の団体ですので、各種がん検診、生活習慣病予防のための各種検査、検診を実施しています。

具体的には、禁煙を推進するためこの財団の敷地内を全面禁煙として禁煙運動にも参加した応援内容を徹底しています。
また、他の応援内容は、市町村が実施する健康まつりなどのイベントなどに、がん予防についてポスターの掲示、チラシなどの配布も積極的に行って県民に対する啓発活動を随時行っています。
そして、こちらの財団では血圧など測定機器を導入して身近なところで、地域住民が健康測定を受けられる取り組みも実施しています。
これによって、県民が健康づくりへの意識を高めることに役立っているため、身体の変調にも早く気づきやすい環境の整備を目指しています。
このような機会を設けることで、地域住民の健康維持を目指すために広く応援内容を継続して行っています。

健康県ちば宣言プロジェクトの趣旨に基づいた具体的な応援内容を実施しているので、この公益財団法人ちば県民保健予防財団が推進する役割は、県民に直結しているものであり大きな使命を果たし続けていると言えるでしょう。

Comments are closed