社会福祉法人千葉県社会福祉協議会

1.4.2016 | 11:36

社会福祉法人千葉県社会福祉協議会も、健康県ちば宣言プロジェクトに賛同し、積極的な応援内容を実践する企業団体の一つです。

こちらは、医療と福祉の分野で設立されている団体でもあり、社会的な役割も果たしていますが、地域の住民の参加できる福祉活動を支援しています。

また、地域が抱えている色々な問題を専門家や関係する機関や団体と連携して解決を目指すために社会福祉法によって定められた団体として認可を受けています。

そのため、健康県ちば宣言プロジェクトの目指す健康づくりへの応援内容は、地域住民と密接にかかわっているのが特徴です。

主な応援内容は、地域福祉の総合的な推進ですが、県、自治体、医療、福祉などのそれぞれの連携を目指しています。
そして、地域住民の生活支援事業も担っています。
近年では高齢化が進展しているため、介護保険で利用することが出来ない生活支援も多く求められています。
それから、ボランティアの養成や市民が積極的に活動に参加できるようにきめ細かい支援も行っています。
その他、福祉のために必要とされる人材の養成も行っています。

健康県ちば宣言プロジェクトでは、全ての方々の健康を目指すことで、一人一人が幸せな暮らしを実現できることを実現するための施策を行っていますが、社会福祉法人千葉県社会福祉協議会は、そのための様々な支援や養成を様々な分野で行っているのが特徴です。

高齢者も障害者などの弱者が出来るだけ変わりなく普段の暮らしを千葉県内で送ることを続けられるように、この社会福祉法人が担う役割は大きいと言えます。

それだけ、地域住民の暮らしと密接な関係がある団体です。
健康県ちば宣言プロジェクトの加入団体の中でも、社会福祉法人としての立場もあるため重責を担っていると言えるでしょう。

Comments are closed